メインメニュー

研修・イベント情報

認知症ケア研修【9】 アセスメントの意義とポイント<事例検討>

認知症ケア研修は、さまざまな視点からの学習をとおして認知症の人に対する理解を深め、多職種協働により根拠をもって適切なケアを実践できる専門性の向上を図ることを目的としています。この研修では適切なケアを行うために必須となるアセスメントについて事例を通して学び、アセスメントの視点を身につけることを目指します。
※応募多数のため、定員を拡大しました。

申込する前に登録すると2回目以降の申込時に一部情報を引き継げます。登録いたしますか?

 ログインして申込   登録して申込  そのまま申込 

日時、定員等

日時

2018年12月18日 14時00分 ~ 17時00分
受付13時30分~


定員/申込数

40名((先着順)※応募多数の場合は調整をお願いすることがあります。) /39名


研修会場

世田谷区福祉人材育成・研修センター(成城6-3-10 1階)


対象

(1)認知症ケア研修8を受講している方(平成26年~29年は基礎4)
(2)認知症介護経験が3年以上の方
(3)認知症介護リーダーとして勤務先から推薦を受けた方
    ※(1)~(3)のうち1つ以上該当している方


講師

石山 麗子 氏(国際医療福祉大学大学院教授)


費用

無料


募集案内

募集案内


お問い合わせ

〒157-0066
東京都世田谷区成城6-3-10
成城6丁目事務所1F

TEL 03-5429-3100

交通アクセスはこちら

メールでのお問い合わせ

 
ページの先頭へ